2013年10月28日月曜日

【今宵の肴】イナダの煮付け

@イナダの煮付け

今回はイナダの煮付けを作りました(@^▽^@)ノ

イナダとは、出生魚であるブリの生育途上の呼び名の事でして、詳しい事は下記にまとめてみたので宜しければご参考までに♪


ではさっそく出来た煮付けコチラ↓になります(・▽・*)


スープまで飲めます(*> <)b



小骨を取るのが結構大変でした( ̄∀ ̄;)





程よくプリっとしていて、美味しく出来上がりました♪



では、出世魚であるブリの若魚、イナダについて簡単にご紹介しますd(・∀・*)


見ていただいた方の中では、聞きなれない呼び名も多いと思います~!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


@イナダ(ブリ)とは



出世魚であるブリの生育途上の呼び名の事で、この呼び名は各地方で多く存在します

それぞれの地方での、主な呼び名は下記のようです♪


関東:ワカシ・ワカナゴ → イナダ → ワラサ → ブリ

関西:ワカナ・ツバス → ハマチ → メジロ(イナダ) → ブリ

北陸:ツバエリ → コズクラ → フクラギ → アオブリ → ハナジロ → ブリ

山陰:ショウジゴ → ワカナ → メジロ → ハマチ → ブリ

九州:ワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ → オオウオ


イナダ: ブリの若魚のことで、関東では30~40cm(2歳ころ)、関西では50 cm~60cmくらいの大きさのものを指すそうですΣ(・∀・*)




※参照サイト様ぶり 出世魚(サイト名:不明) 様より

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


@イナダ(ブリ)の栄養・効能



EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれており、コレステロールの減少効果、血流を改善し、動脈硬化・脳梗塞を予防に効果的!

DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれており、脳の動きを活性化させ、ボケ・老化防止に効果的!



→EPAとDHAの相乗効果により、血栓防止、中性脂肪を減少させる!


ビタミンEが豊富に含まれており、抗酸化作用によって、老化防止、生体膜の健全化に効果的

→この抗酸化作用により、不飽和脂肪酸であるEPAとDHAの弱点である酸化を抑制!!


ビタミンB群が豊富に含まれており、脂質や糖質を効率よく代謝する!

ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウム・リンの吸収補助、骨粗鬆症予防に効果的

タウリンが豊富に含まれており、コレステロール減少、肝機能向上、眼精疲労緩和に効果的


ナイアシンが豊富に含まれており、脳神経の働き補助、血行改善に効果的

→アセトアルデヒトの分解を助け、二日酔い防止にも効果的!


《美容効果》

EPAの効力である角質細胞を繋ぐ作用によって乾燥肌や敏感肌、老化防止に効果的


《その他》

高血圧予防、貧血予防、眼精疲労緩和、肝機能強化等に効果的

カロリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・257kcal/100g




※参照サイト様:健康で免疫力を高める食べ物・栄養食品効果効能ナビ 様より
                  ぶり 出世魚(サイト名:不明) 様より
                  旬の食材百科 様より
                  カロリーSlism 様より


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ブリと同様に脂も栄養たっぷり、しかも健康的な脂ですね♪

美容効果も抜群ですし、若いと言っても侮れない魚でした(^∀^*)

よく切り身で安売りしていますので、大変お世話になってます!!




以上になります

ご覧になって下さった方、心より感謝します 今回も駄文ブログに付き合って頂きありがとうございました♪



こちらもお勧め

コメントを投稿